我が家の建築日記

シューズインクローゼット(SIC)を利用して玄関スッキリ!

  1. HOME >
  2. マイホーム >
  3. 我が家の建築日記 >

シューズインクローゼット(SIC)を利用して玄関スッキリ!

「夢の注文住宅建築日記」へお寄り頂きありがとうございます!
当ブログは注文住宅を建てるにあたり、知り得た情報と知識を発信し、
マイホーム計画中や建築中の方は勿論、マイホーム関連にご興味のある方々と
繋がれたらいいなと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

今回は、シューズインクローゼット (以下SIC)についてお話させて頂きます。

お家に入るのに必ず最初に通るのが玄関。

お家の第一印象を決める大事なスペースですので、常にスッキリ綺麗にしておきたいですね。

SICを利用することで、生活感のある物が表に出てこないので、綺麗に保てます。

これから注文住宅を建てる方で、SICを検討されている方の参考になれば幸いです。

クローゼットとクロークの違い!?

クローゼットとは?

寝具・衣類・道具などを収納するための空間(スペース)

クロークとは?

袖のないゆったりした外套(がいとう)。(マント、ケープ)

が本来の意味で、「クロークルーム」の略として使われることが多く、

ホテル・劇場などで、客のコートや携帯品を預かる所は「クローク」と呼ばれている。

SICと、「シューズクローク」は同じ意味合いで使われることが多いですね。

SICメリット&デメリット

メリット
  • 外で使用する頻度が高い物が、玄関の近くに収納できる
    (ゴルフバッグ、子供のスポーツ用具、ベビーカー、傘や雨具など)
  • 家族の動線と来客の動線が分けられる
  • 一般的な靴箱に比べ、収納容量が大幅にUPする
  • 玄関に靴箱を設置しなくてもいいので、デザイン性のあるエントランスが作れる
デメリット
  • 間取り的に面積を取られてしまう
  • 風通しが悪いと臭いが気になったり、カビが発生したりする
  • 何でも置けるからと、使わない物の溜まり場になりがち

SICを検討する際のポイント!

動線

玄関ホールなどに通り抜け出来る動線でないと、靴をしまったり・はいたりする為に、

玄関をサンダルや最悪、裸足で行き来しなければならないという事になってしまうので、

そうならない様な動線を考えなければいけません。

容量

ポイント

何をどのくらい収納するのか?

これ結構大事です。

使い勝手が良いからといって、なんでもかんでも収納してしまったら、

物があふれて中に入りにくくなってしまったら「本末転倒」です。

  • 家族の靴は全部でどれくらい?
  • 趣味用品は?(ゴルフバック・スポーツ道具・折りたたみ自転車・ガーデニング道具等)
  • 雨具、ベビーカー、掃除用具は?
  • 冬着の上着は?

季節ごとや、数年後の事なども考えて容量を決めた方が、後々の後悔がありません!

参考

30坪の家でも50坪の家でも、「収納が少ない」とみんな後悔するそうですよ

それだけ「収納」は大事なんですね。

我が家のSIC

参考までに我が家のSICの間取りはこんな感じです。

赤い矢印が「お客様の動線」、青い矢印が「家族の動線」と分けました。

以前の記事で、家事動線を考えたパントリーの配置 にてお話した通り、

買い物から帰ってきてリビングを通らずそのままパントリーへ行ける動線にもなってます。

如何でしたでしょうか?

SICをうまく活用して、「お家の顔」と言われる玄関をスッキリ綺麗にして、

第一印象を良くしたいですね!

最後まで読んで頂きましてありがとうござした!
それではまたお立ち寄り頂ければ幸いです!!

【お時間あればこちらにもどうぞ】
SNSリンクまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-我が家の建築日記
-, , , ,

© 2020 夢の注文住宅建築日記